/

有権者1146万人 都知事選で過去最多、若年層が増加

東京都選挙管理委員会がまとめた都内の有権者は、17日時点で1146万8938人(男性560万5127人、女性586万3811人)となり、都知事選としては過去最多になった。

前回2016年の都知事選から約19万人増えた。若年層の就職や進学などに伴って都内の人口が増えたことが押し上げの要因となった。

市区町村別で最も多いのは約77万3千人の世田谷区で、大田区が約62万人、練馬区が約61万8千人、足立区が56万9千人で続いた。

都選管は新型コロナウイルス対策のため、投票所や期日前投票所にアルコール消毒液を配置。鉛筆や投票用紙の記載台を定期的に消毒するほか、有権者が鉛筆を持参することも認めている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン