経済再開か感染抑止か 米、コロナ「第2波」でも分断

2020/6/18 5:14 (2020/6/18 8:25更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

バージニア州のビーチは外出禁止令が緩和されにぎわった(5月)=AP

バージニア州のビーチは外出禁止令が緩和されにぎわった(5月)=AP


【ニューヨーク=宮本岳則】新型コロナウイルスの感染「第2波」を巡り、米国内で対立が目立っている。経済再開を優先するトランプ米政権は「(第2波懸念は)大げさだ」とする一方、一部の州や市では経済の再開プロセスを一時停止する動きが広がっている。

「他州で感染者が急増しており、もう少し様子を見たい」。米東部バージニア州のラルフ・ノーサム知事は16日の記者会見でこのように述べ、経済再開プロセスの先送りを公表した。

同州の新規感染者数は順調に減っており、今週末にも規制緩和の「第3段階」に移るとの観測があった。ところが…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]