/

NetflixのCEO夫妻、黒人の高等教育に130億円寄付

【シリコンバレー=佐藤浩実】米ネットフリックスのリード・ヘイスティングス最高経営責任者(CEO)は17日、夫妻で1億2千万ドル(約130億円)を黒人の高等教育支援に寄付すると発表した。米国で多くの黒人が通う「歴史的黒人大学(HBCU)」の奨学金にあててもらう。個人によるHBCUへの寄付としては過去最大の規模となる。

ネットフリックスCEOのヘイスティングス氏は夫妻で約130億円を歴史的黒人大学に寄付する=AP

ヘイスティングス氏は声明で「黒人の若者への投資は、米国の未来に投資する最良の方法の一つだ」と述べた。黒人学生の教育に十分な資金が振り向けられていないことが、就業機会や、それに伴う貧富の差を生んでいるとの指摘は多い。「(寄付が)何世代にもわたる不平等の改善につながるように願う」という。

黒人のジョージ・フロイドさんが警官の暴行によって死亡する事件が起きた5月下旬以降、米国では人種差別に対する抗議活動が続いている。「沈黙は暴力」との意識が広がり、多くの企業が寄付や有色人種の採用増、黒人経営の企業との取引拡大などを打ち出している。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン