ポストイン宅配5割増、非対面・再配達不要で利用拡大

宅配クライシス
2020/6/18 11:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、自宅ポストで受け取れる小口貨物が急増している。ヤマト運輸の5月の「ネコポス」取扱個数は前年同月比で5割以上増え、日本郵便の「ゆうパケット」の4月の取り扱いは同39%増えた。消費者が対面せずに受け渡しできて再配達の必要もなく、安価な点が支持されているようだ。

ネコポスはA4サイズで厚さ2.5センチメートル、重さ1キロ以内の荷物だと、価格の上限が385円。ヤマト運…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]