コンビニが服を売る コラボで越える前例の壁

ヒットのクスリ
2020/6/18 11:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

セブン―イレブン・ジャパンが今月4日からの期間限定で、初めてブランド衣料の販売を始めた。コンビニで服? さすがにこの企画はすべるのではと思ったが、予定より速いペースで売れているというから不思議だ。

このコンビニ服の正体は、出版の宝島社が北欧ブランドの「モズ」とコラボレーションした、はっ水ジャケット(1990円)。重さはレモン1個分(約125グラム)と超軽量をうたう。

宝島社は付録付きの雑誌で伸び…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]