プロ野球

カープ商戦「おうちシフト」、消費回復の先頭打者に

2020/6/17 20:15
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの影響を受け、当初予定より3カ月遅れたプロ野球の公式戦が19日に開幕する。広島東洋カープの地元、広島ではグッズを扱う小売りや飲食店を中心に売り上げの挽回を狙う。コロナで落ち込んだ消費心理を再び上向かせる「先頭バッター」として期待は大きい。

広島市の総合スーパー、ゆめタウン広島にあるカープグッズ売り場は例年と雰囲気が違う。今年のテーマは「おうち」。昨年まではユニホームなどがよく売…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

 阪神戦に先発した広島・森下=共同


 プロとして世を渡るには、お得意先をつくるのが手っ取り早い。ルーキーイヤーを快調に走り出した広島のドラフト1位・森下(明大出身)は、もう上客を見つけたようだ。この日許したのは2安打のみ、四球も与えずプ …続き (14日 23:10)

 日本ハムは14日、札幌ドームで9月1日から20日まで行われる12試合の入場者数の上限を5千人で継続すると発表した。
 新型コロナウイルス感染の収束の見通しが立っていないため上限を緩和するのを見送った。 …続き (14日 18:35)

5回西武1死一、三塁、高木が右前に適時打を放つ(メットライフドーム)=共同

【西武13―8楽天】西武が今季最多の13得点で連敗を7で止めた。6―7の五回に金子や高木の適時打など6連続を含む7長短打で一気に6点を奪った。四回から継投に入り2番手の今井が3勝目。楽天は則本昂が誤算 …続き (14日 22:24更新)

ハイライト・スポーツ

[PR]