/

武田、精神疾患の新薬候補 米社に開発販売権を供与

武田薬品工業は17日、米バイオ医薬のニューロクライン・バイオサイエンシズと提携し、武田が開発する精神疾患分野の7つの新薬候補について独占的な開発・販売権を供与すると発表した。武田は一時金1億2000万ドル(約130億円)のほか、開発や販売の進み具合によって最大計18億9500万ドル(約2030億円)などを受け取れる可能性がある。

ニューロクライン・バイオサイエンシズは神経や内分泌、精神疾患などの治療薬を手がける。武田がライセンスを供与するのは統合失調症やうつ病といった精神疾患の新薬候補7つで、このうち3つがすでに臨床試験(治験)に入っている。

武田は今回の提携で一時金、開発や販売の進み具合に応じた支払金のほか、発売後は売上高に応じてロイヤルティーも得られる。武田は新薬候補ごとに利益を折半する方法も選べるが、その際は開発や販売の進捗に応じた支払金は得られないという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン