/

この記事は会員限定です

[社説]挑発で北の展望は開けない

[有料会員限定]

北朝鮮が南西部・開城にある南北共同連絡事務所を爆破した。2018年4月、韓国の文在寅大統領と北朝鮮の金正恩委員長による首脳会談の「板門店宣言」で開設が決まり、南北融和を象徴する拠点となっていた。朝鮮半島に再び緊張が高まっている。

韓国の脱北者団体が体制批判のビラを散布したことへの報復だという。北朝鮮内にくすぶる体制への不満をそらすとともに、危機をあおって韓国から譲歩を引き出し、米朝交渉の打開にもつ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り578文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン