神奈川県借り上げのアパ、9月営業再開

2020/6/17 19:10
保存
共有
印刷
その他

神奈川県が新型コロナウイルスの軽症・無症状者の宿泊療養先として借り上げている「アパホテル&リゾート横浜ベイタワー」(横浜市、約2300室)が9月から営業を再開する見通しになった。既に予約販売を開始しており、全室で再開する見通しだ。

足元で県内の感染者数が減っており、黒岩祐治知事が17日の県議会本会議で8月末までに借り上げを終了する方針を表明。県は今後、消毒や清掃、欠損した場所の原状復帰作業などを実施した上で施設を返すという。

県は、湘南国際村センター(同県葉山町)での軽症者受け入れは継続する。黒岩知事は「感染が拡大した場合は(その他の)いくつかの施設から、一定規模の部屋を確保しているとの回答をもらっている」と明らかにした。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]