千葉県、19日に休業要請を全面解除

2020/6/17 18:40
保存
共有
印刷
その他

千葉県は17日、新型コロナウイルス対策本部会議を開き、県内事業者に対する休業要請を19日に全て解除することを決定した。休業要請は5月末から段階的に解除してきたが、接待を伴う飲食店など一部の業種で残っていた。

今回の解除対象はキャバレーなど接待を伴う飲食店、ライブハウス、性風俗店で、県によると約2300店に上る。対象店には18日以降、業界ごとに定めるガイドラインや県が作成した感染拡大防止対策チェックリストを郵送する。

県民に対する県外への移動自粛要請も19日に解除する。森田健作知事は会議終了後、報道陣に「これからは経済も段階的に引き上げていかなければならない」と述べた。

大規模イベント開催時の人数制限も示した。19日~7月9日は屋内が定員の半分以下(上限1000人)、屋外が上限1000人。7月10日~31日は屋内が定員の半分以下(上限5000人)、屋外が上限5000人とした。8月1日以降は屋内が定員の半分以下とし、上限は設けない。屋外は制限なしにした。

祭りや野外フェスティバルなど広域的な人の移動が見込まれるイベントについては、7月末までは中止を含め慎重に検討するよう呼びかける。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]