/

「10月に400人規模治験」 阪大発ワクチンで吉村知事

大阪府の吉村洋文知事は17日の記者会見で、大阪大発のバイオ企業「アンジェス」が開発を進めている新型コロナウイルスのワクチンについて、10月に400~500人規模の臨床試験(治験)を実施すると説明した。30日からは大阪市立大学医学部付属病院の医療従事者20~30人を対象に治験を実施。今年中に10万~20万人分の製造が可能になるとした。

ワクチンは阪大の森下竜一教授が中心となって開発している。府によると、新型コロナのワクチンの治験は国内で初。吉村氏は治験や国の認可を経て、21年春~秋の実用化を目指すとし、数百万人分の製造が可能と説明。「ぜひ大阪でワクチンを実現させたい。オール大阪で取り組む」と話した。

府・市は4月、阪大や公立大学法人大阪、府立病院機構などと協定を結び、ワクチンや治療薬の開発で連携している。

新型肺炎

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン