/

立民、代表選規則を決定 今秋に初の代表選へ

立憲民主党は17日の両院議員総会で代表選規則を決めた。立候補に国会議員20人の推薦が必要と記した。枝野幸男代表の任期は2020年9月までで、今秋に初の代表選を実施する見通しだ。

国会議員、国政選挙の公認候補予定者、地方議員、一般党員が投票権を持つ。年会費500円で参加できる「立憲パートナーズ」は含めなかった。

有権者の区分ごとに得票数をポイント換算し、傾斜配分する。代表選の期日は任期満了前30日以内と定めた。

立民は17年10月の結党以来、代表選規則がなかった。今年3月に決定予定だったが新型コロナウイルスの影響で遅れていた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン