新型コロナワクチン「公平供給」に道 主要国が資金拠出

2020/6/17 18:20
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ロンドン=佐竹実、ジュネーブ=細川倫太郎】新型コロナウイルスのワクチンを途上国にも公平に供給する仕組みづくりが動き出した。英国などが国際団体に追加支出を決め、世界保健機関(WHO)は知的財産権の開放を訴える。途上国で感染を抑えなければ、先進国で感染増を招きかねないとの危機感がある。

英国が最大の資金拠出国である官民連携団体「Gavi(ガビ)ワクチンアライアンス」は4日、2021年から5年間の活…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]