/

配置薬の富山めぐみ製薬、ジャパンメディックと提携

医薬品メーカー3社が共同設立した配置薬製造・販売の富山めぐみ製薬(富山市)は17日、同業のジャパンメディック(同)と業務提携すると発表した。製造や開発、営業などの分野で情報共有を進める。

富山めぐみは広貫堂、大協薬品工業、内外薬品(いずれも富山市)が設立した。ジャパンメディックと連携することで、新商品の開発や生産設備の効率運用を加速させる考えだ。4月から提携に向けて交渉してきた。

新型コロナウイルスの感染拡大により、配置薬の訪問営業が滞った時期もあった。一方、在宅勤務の普及は商機になるとみている。富山めぐみの担当者は「在宅時間が延びて自宅に医薬品を常備しておきたいという需要が高まっている」と指摘する。

配置薬業界はインターネット通販サイトとの競合などの課題に直面している。富山めぐみとジャパンメディックは今後、提携の具体策をまとめて新規顧客を獲得して収益力を高める。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン