/

需要減少の富山の白エビ、セブンのおにぎりに

セブン―イレブン・ジャパンは17日、富山県名産の白エビとホタルイカを使った商品を発売すると発表した。「白えび天おむすび」を23日から、「富山湾産ホタルイカのペスカトーレ」を7月15日から順次、販売する。外食需要の不振で海産物の卸価格が下がるなか、コンビニエンスストアの販路を活用して消費を喚起する。

北陸3県と新潟県の765店で販売する。天おむすびの価格は税別160円で、白エビの天ぷらと天丼をイメージして昆布だしをきかせた甘めの天つゆを使う。ホタルイカを盛りつけたペスカトーレは同480円で、ホタルイカのゆで汁もスープに加えて魚介の味を強調する。

富山県漁業協同組合連合会の尾山春枝代表理事会長は「外国からもお客が訪れず、白エビなどの価格が下がっている。こうした取り組みがあれば安心して漁にいける」と話す。同社の担当者は「富山には素晴らしい食材がある。継続して取り組みたい」と意気込む。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン