夜の千葉公園を彩るイベント、無観客ネット中継

2020/6/17 17:01
保存
共有
印刷
その他

千葉市などは21日、同市中央区の千葉公園で開く夜のイベント「YohaS(夜ハス)」をインターネットで中継する。幻想的なパフォーマンスの様子を伝える。イベントは2019年に8日間で約5万人を集めたが、今回は新型コロナウイルスに配慮し、一夜限りの無観客開催とする。

ダンスなどのパフォーマンスを披露する

イベントは同公園に隣接するコミュニティースペース「椿森コムナ」を運営する住宅メーカーの拓匠開発(千葉市)などが共催。公式サイトで午後6時から無料配信する。園内の池で育つ古代ハス「大賀ハス」にちなんだ催しで、琵琶演奏やタップダンスなどをアーティストが披露する。

同社の工藤英之社長と熊谷俊人市長の対談も流す。同社は「近隣住民だけでなく、全国、全世界の人に楽しんでほしい」としている。市内のドライブインシアターでも公開する。

夜ハスはハスの花が見ごろを迎える6月恒例の「大賀ハスまつり」(20年は中止)の関連イベントとして18年に始まった。市は夜の娯楽を育てるナイトタイムエコノミー政策の一環としても位置づけている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]