ユニゾ、18日に上場廃止 旗艦ビル売却に懸念も

2020/6/17 17:57
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

不動産会社ユニゾホールディングスが18日、東京証券取引所を上場廃止になる。複数の買い手候補が現れた買収合戦の末、従業員による買収(エンプロイー・バイアウト=EBO)で株式を非公開化する道を選んだ。直近では東京都内の旗艦ビルなど保有不動産の売却を進めており、非公開化に伴う資金調達との見方もある。

最終売買日の17日終値は前日比10円(0.2%)高の5990円。4月に終了した、従業員と米投資ファンド…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]