中国の海洋進出抑止へ国際協調 日米中心に印豪・東南ア

2020/6/18 1:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

沖縄県の尖閣諸島で中国公船の接続水域への連続航行日数が17日に最長を更新した。中国は東アジア海域で挑発行動を繰り返して勢力拡大をめざす。新型コロナウイルスの制約を受ける日米はインドやオーストラリア、東南アジア各国との協調体制を立て直し、抑止に動く。

17日、海上保安庁の巡視船は尖閣周辺の接続水域で中国公船4隻の航行を確認した。4月14日から65日連続となり2012年9月の尖閣国有化以降で最長を更…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]