横浜港運協会の藤木会長が退任 IR誘致に反対

神奈川
2020/6/17 19:30
保存
共有
印刷
その他

横浜港周辺の港湾事業者で構成する横浜港運協会は17日、藤木幸夫会長の退任を発表した。8月に90歳を迎えることから、年齢などを考慮し判断したという。藤木氏は横浜市のカジノを含む統合型リゾート(IR)誘致に強く反対してきた。IRに代わる再開発を目指す「横浜港ハーバーリゾート協会」の会長職は継続する。

退任を発表後、記者会見に臨む横浜港運協会の藤木幸夫会長(右)(17日、横浜市)

同日開いた港運協会の総会で発表した。総会で藤木氏は「新しい横浜港を造る設計図は描いてきた」と今後の港湾事業の発展に期待を示した。後任には息子で同協会副会長の藤木幸太氏が就き、幸夫氏は相談役となる。

藤木会長は1997年から23年間会長職を務めてきた。2016年に横浜、川崎両港を運営する「横浜川崎国際港湾(YKIP)」を設立したことが1つの節目になったという。

2019年には、山下ふ頭(同市)へのIR誘致反対を掲げてハーバーリゾート協会を立ち上げた。今後も同協会での活動は続ける。展示場を中心としたカジノなしの代替案は、新型コロナウイルスの影響で見直しを検討している。

横浜市の林文子市長は同日の記者会見で「横浜経済や港のことなど、たくさん教えをいただいた。(IRについては)また意見を伺うのではないか」と語った。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]