/

この記事は会員限定です

金与正氏と軍、強硬姿勢で結びつく理由

編集委員 峯岸博

(更新) [有料会員限定]

韓国への敵対姿勢を強める北朝鮮指導部で前面に立つ金与正(キム・ヨジョン)朝鮮労働党第1副部長。絶対権力者の兄、金正恩(ジョンウン)委員長の動静が「重篤説」からの再登場後も途切れがちになっているのとは対照的だ。妹を対韓国強硬の急先鋒(せんぽう)に仕立てているとすれば、その意図は何か。

16日、南北融和の拠点だった開城(ケソン)の南北共同連絡事務所が爆破された。爆破は金与正氏が自らの指示によって「遠か...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1666文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン