中小企業の現在と未来(6) 「規模基準」が阻む成長
一橋大学准教授 宮川大介

やさしい経済学
2020/6/18 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

中小企業は大企業と比較して、資金調達時の情報の非対称に代表される「市場の失敗」から影響を受けるケースが多いとされています。こうした認識から、各種の中小企業政策や政策金融が運用されてきました。今後、こうした政策はどのような方向に向かうのでしょうか。

企業の規模を参照しながら、特別なメニューを提供する政策は「size-dependent policy」と呼ばれます。税制が典型例ですが、この政策は各国…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]