/

自民、河井夫妻の離党届受理

参院本会議を終え退出する河井案里議員(写真左)と衆院本会議に出席した河井克行前法相(同右)=17日

自民党は17日、河井克行前法相と妻の案里参院議員がそれぞれ党本部に提出した離党届を受理したと発表した。同日の持ち回りの党紀委員会でいずれも全会一致で受理を決めた。

夫妻は案里氏が初当選した2019年の参院選で2千万円超の現金を地方議員らに配った疑いがある。検察当局は17日までの今国会の閉会後に公職選挙法違反で立件する方向で詰めの捜査をしている。

案里氏の公設秘書が運動員に違法報酬を払った罪に問われた裁判で広島地裁は懲役1年6月、執行猶予5年を言い渡した。懲役刑の有罪判決を受け、案里氏は連座制が適用され当選が無効になり失職する公算が大きい。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン