核燃料の再処理工場 審査合格へ 需要なくいばらの道

コラム(テクノロジー)
2020/6/18 7:15
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

原子力規制委員会は日本原燃の再処理工場(青森県六ケ所村)の安全審査で今夏にも正式に合格を出す。原子力発電所で出る使用済み核燃料を再利用する施設で、国策で進める核燃料サイクルの要になる。ただ完成が計画より20年以上遅れ、残る審査の手続きも1年以上かかる見通しで実際の稼働は2021年度以降になる。稼働しても再処理で作った燃料の需要は乏しく、いばらの道が待つ。

再処理工場は全国の原発で使い終わった核燃…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]