新型コロナで自治体の「貯金」減少 石川は残高9億円

2020/6/17 19:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

北陸3県の財政が厳しさを増している。新型コロナウイルス対策費用を捻出するため貯金にあたる「財政調整基金」を取り崩しており、石川県の残高は約40年前の水準に落ちこむ見通しだ。新型コロナの感染拡大で業績の悪化した事業者などへの支援を急ぐ半面、「第2波」への対応余力が小さくなっている。

財政調整基金は災害発生や経済悪化など緊急時の対策の財源となる。石川は毎年4億円弱を積み立てており、2019年度末に1…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]