/

鹿児島県、82億円補正案 医療体制整備や利子補給

鹿児島県は17日、新型コロナウイルス感染症の第2波に備えた医療提供体制の整備などに充てるため、総額81億8000万円の補正予算案を発表した。歳入のほぼ全額が国庫支出金となる。補正後の一般会計の総額は8580億7700万円。

医療提供体制の整備には27億1300万円を投入。感染症指定医療機関などに人工肺や人工呼吸器などの設備を整備するほか、指定医療機関の病床や軽症者向けの宿泊施設を確保する。中小企業向けの緊急経営対策資金の融資枠などを拡大したことに伴い、利子補助事業に26億7600万円を計上した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン