日立建機、米国で品質不正 潜水艦向け高張力鋼

2020/6/17 11:27
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日立建機はこのほど、鋳造部品を手掛けるオーストラリア子会社のブラッドケンが米海軍の潜水艦向けに出荷した高張力鋼で品質不正があったと発表した。米海軍の調査に協力し、すでに米司法省と1090万ドル(約11億6千万円)を支払う司法取引で合意した。

不正があったのはブラッドケンのタコマ鋳造所(米ワシントン州)で、元社員1人が1985年から2017年にかけて高張力鋼の低温試験データを改…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]