河井夫妻が離党届提出

2020/6/17 11:03
保存
共有
印刷
その他

自民党の河井克行前法相と妻の案里参院議員は17日までに離党届を党本部に提出した。同党は同日の持ち回りの党紀委員会で受理を決定する方向で調整している。党関係者が明らかにした。

夫妻は案里氏が初当選した2019年7月の参院選で2千万円超の現金を地方議員らに配った疑いがある。検察当局は17日が会期末の今国会閉会後に公職選挙法違反で立件する方向で捜査している。

案里氏の公設秘書が運動員に違法報酬を払った罪に問われた裁判で広島地裁は16日に懲役1年6月、執行猶予5年を言い渡した。懲役刑の有罪判決を受け、案里氏は連座制が適用され当選が無効になり失職する公算が大きくなっている。

自民党は規約で、所属する国会議員が刑事事件で起訴されれば党員資格を停止する。河井夫妻は規定や党への影響を踏まえて離党届を出したとみられる。現時点で議員辞職はしない見通しだ。

自民党の二階俊博幹事長は16日の記者会見で夫妻の離党について「やがてきちっとするだろう」と話していた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]