/

米刑務所の感染者6.8万人、新型コロナ 米紙

【ニューヨーク=西邨紘子】米国の刑務所で新型コロナウイルスの感染拡大が深刻になっている。米紙ニューヨーク・タイムズは16日、独自の集計に基づく刑務所の感染者数は6万8000人に達し、直近の1カ月で倍増したと報じた。

刑務所は人が距離を保つソーシャルディスタンスの確保が難しい。人種差別への抗議行動に伴う収監増も感染増につながった可能性がある。

同紙によると、米国では州により受刑者の検査方針にばらつきが大きく、感染状況の把握が進んでいない。全受刑者に感染検査を課したテキサス州では、感染者数が直近3週間で4倍に増えていた。

刑務所は人口密度が高く衛生設備も限られることから、高齢者施設などと並び感染リスクが高いと指摘されてきた。高齢や持病持ちなど、重症化しやすい受刑者も多い。

監視付きで軽犯罪者の出所を認めるなど、刑務所の密度を下げて感染防止策を講じる動きもあるものの、一部にとどまっている。感染対策の遅れに抗議する受刑者のハンガーストライキや暴動も各地で報告されているという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン