米国債「大量に発行可能」 FRB議長が追加歳出促す

2020/6/16 23:00 (2020/6/17 5:10更新)
保存
共有
印刷
その他

米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長は16日の米上院委員会で、「米国は基軸通貨国で、大いに国債発行能力がある。財政悪化を懸念するのではなく、今は歳出増で経済再生を優先すべきだ」と主張した。早期の財政立て直しを意識する米議会に対して、追加の新型コロナウイルス対策を求めた発言だ。

パウエル氏は上院銀行委員会で、半期ごとの議会証言に臨んだ。新型コロナによる経済活動の制限で、4~6月期の経済成長率は…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]