/

この記事は会員限定です

合板、輸入減に拍車 現地メーカーは採算悪化で苦境に

[有料会員限定]

住宅の内装やコンクリートの基礎工事に使う合板の輸入減少に拍車がかかっている。日本の住宅着工が減り、需要が落ち込んでいるためだ。主産地のマレーシアとインドネシアでは、採算悪化で複数の工場が稼働を停止した。今後も日本向け輸出が減少を続けると、国内の輸入合板が不足するとの見方も出始めた。

「今の入荷量と出荷量のままだと、在庫がここ数年で一番少なくなるかもしれない」。合板倉庫を構えるニューポート産業(千...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1024文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン