BASE、ECアプリを月5千円で

2020/6/16 20:49
保存
共有
印刷
その他

電子商取引(EC)サイト制作システムを手掛けるBASEは、外部の開発事業者を通じ、店舗が独自にEC専用のアプリを運用できるサービスを始めた。ECサイトと同様に商品を販売でき、利用料は月5千円弱。顧客が手掛けるECの固定客獲得を後押しする。

アプリ開発サービス「アッピファイ」を手掛けるDテクノロジーズ(東京・港)と連携する。BASEのECサイトのデータを利用し、アプリでも同じ品ぞろえで顧客の注文を受けられる。販促でアプリ利用者にプッシュ通知を送ることも可能。アプリは米アップルの「アップストア」を通じて提供する。

Dテクノロジーズによると、独自のアプリ制作は数百万円の費用がかかるケースもあるが、BASEのシステムに合わせた仕組みを用いてコストを抑えた。アプリ対応のため、店舗側が必要な作業も少なく済むという。

BASEのシステムは個人事業主でも手軽にECサイトを始められるのが特徴で、小規模事業者を中心に100万店超が利用する。特に最近は新型コロナウイルス感染拡大の影響で、実店舗の集客が厳しくなった事業者がECを始めるケースが多いという。(伴正春)

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]