/

この記事は会員限定です

カリスマ追い詰めた伝説の「至芸」 スノボ平野歩夢

語り継がれる名勝負 忘れ得ぬ敗者(5)

[有料会員限定]

黄金のルーティン(技の構成)を貫徹した2回目の試技が勝利の舞となるはずだった。2018年2月14日、平昌五輪スノーボード男子ハーフパイプ決勝。軸をずらして縦2回転、横4回転する平野歩夢の「ダブルコーク1440(DC14)」が決まった。間髪入れずパイプの逆側でもう1発。さらに3回転半とこれでもかと大技をつなぎ、滑りきる。五輪史上最高のラン(演技)が成った瞬間だ。

出発点は4年前のソチ五輪。唯一DC1...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1090文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン