/

この記事は会員限定です

世帯あたり車台数、福井県が全国1位 共働きなど要因

データウオッチ

[有料会員限定]

「車社会」といわれる北陸。1世帯あたりの自家用乗用車(軽自動車を含む)の普及台数をみると、福井県が全国1位、富山県が2位につける。石川県も13位に入る。自動車は通勤や行楽に便利な移動手段である半面、事故や渋滞、環境負荷につながる側面もある。過度な自動車依存から脱しようとする取り組みも進んでいる。

自動車検査登録情報協会(東京・千代田)によると、2019年3月の1世帯あたりの普及台数は福井が1.73...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り774文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン