豊田合成、次世代ゴムで医療分野開拓に挑む

2020/6/17 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

自動車用ゴム・樹脂製品の豊田合成は2019年10月、次世代ゴムの「イーラバー」を実用化した心臓手術シミュレーターを発売した。車部品にとらわれない製品開発を目指して研究を始めてから15年近く。開発を担ったeR事業開発室グループリーダーの島田雅俊(40)はさらなる製品化を目指して奮闘している。

「トク、トク、トク」と細かく揺れる黄色いゴム。その上には血管を模した赤い管が3本貼り付く。豊田合成が製品化…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]