電動三輪バイク、宅配需要増で快走 マックなど導入

2020/6/16 19:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの感染拡大による宅配需要の増加で、電動三輪バイクを採用する飲食店が増えている。日本マクドナルドは6月に発売された電動三輪バイクを2020年度中に都内を中心に数十台を導入する。数年単位で利用すれば、ガソリン燃料のバイクに比べてコスト負担を軽減できる可能性があり、走行性能に注目して導入する事例も増えている。今後存在感が高まりそうだ。

マクドナルドが導入するのは、電動バイクメーカーの…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]