/

プリファード、ゲーム本格参入 グリーと共同開発

プリファードはキャラクターを自動生成する技術を持つ

人工知能(AI)開発スタートアップのプリファード・ネットワークス(東京・千代田)は16日、グリーのゲーム事業子会社、WFS(東京・港)と共同で開発を始めると発表した。ゲームなどのエンタメ分野に本格進出する。

AIの一種である深層学習の技術を活用し、制作作業の効率化や新たな表現の開発を進める。共同開発したアプリを2021年に商品化することを目指す。

プリファードはゲームのアニメを自動で生成する技術を持つ。ゲーム制作現場の人手不足は深刻で、AIの活用などによる作業の効率化へのニーズは強い。

6月にはイラストや漫画の制作を手掛けるフーモア(東京・中央)に出資し、保有技術をいかしてゲームを自動で制作する取り組みを始めた。フーモアはプリファードのAI技術を活用してゲームクリエーター向けの制作ツールを開発し、ゲーム会社などに提供することも視野に入れる。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン