[社説]関電は経営のゆがみ断ち信頼の回復を

2020/6/16 19:05
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

関西電力は岩根茂樹前社長ら元取締役5人を相手取り、総額19億円あまりの損害賠償を求める訴えを起こした。元役員らが原子力発電所がある福井県高浜町の元助役(故人)から金品を受け取っていた問題で、取締役としての注意義務を怠り、会社に損害を与えたと判断した。

妥当な判断である。電力会社と原発の立地自治体の顔役ともいえる人間のいびつな関係を放置した責任は免れない。法廷の場でこれを問うことでゆがみを生んだ経…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]