/

この記事は会員限定です

東レ、米炭素繊維事業で25%解雇 ボーイング機向け低迷

[有料会員限定]

東レが米国の炭素繊維事業で生産体制の縮小に着手したことが16日、分かった。航空機向けの供給が新型コロナウイルスの影響で低迷しているため。数百人いる米子会社の全従業員の約25%を解雇することを決め、南東部サウスカロライナ州の工場で生産を休止した。東レの米国での炭素繊維の生産能力は1~2割程度減るとみられる。

人員削減の対象は米国で炭素繊維事業を手掛ける子会社、東レ・コンポジットマテリアルズ・アメリ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り374文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン