ソフトバンク、7月末まで通信料一部無料を延長

2020/6/16 17:55
保存
共有
印刷
その他

ソフトバンクは16日、25歳以下の利用者を対象にしたデータ通信量の一部無償化の取り組みを7月末まで延長すると発表した。新型コロナウイルスの影響でスマートフォンを使ってオンライン授業を受ける学生の支援を続ける。従来は6月末まで月50ギガ(ギガは10億)バイトを上限にデータ容量の追加購入費を無償化するとしていた。

「ソフトバンク」と格安ブランド「ワイモバイル」の25歳以下の利用者を対象に、月50ギガバイトを上限として通信データ容量の追加購入費を無料にする。一般的なスマホの料金プランでは、契約していたデータ容量の上限を超えると通信速度が遅くなる。ソフトバンクはNTTドコモKDDIとともに、学生向けの通信料一部無償化を4月に始めた。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]