/

NZで2人のコロナ感染者 英国からの帰国者

【シドニー=松本史】ニュージーランド(NZ)政府は16日、2人の新型コロナウイルスの感染者を確認したと発表した。同国は8日に感染者がゼロとなり、警戒レベルを4段階で最も低い「レベル1」に引き下げた。感染者は英国からの帰国者で、NZ国内での感染ではないとみられる。

NZ保健省によると感染が確認されたのはいずれも女性で家族。英国からカタールの首都ドーハ、オーストラリア東部ブリスベンを経由して7日にオークランドに到着した。隔離の途中だったが、家族が死去したため政府の許可を得て13日に自動車で首都ウェリントンに向かった。15日に検査を受けて16日朝に陽性と確認された。

クラーク保健相は16日、今回の感染確認を受け「国境管理は新型コロナから国を守る基幹だ」と述べた。家族の病気や死去などに伴う隔離の免除を一時的に中止するよう保健当局に求めた。

NZは新型コロナの感染抑止のため、3月に外国人の入国を原則として禁じた。同月25日には国家非常事態を宣言し、都市封鎖を導入した。PCR検査も積極的に実施し、人口約480万人の同国で累計の検査数は31万件以上となった。5月23日以降に国内の新規感染者は確認されておらず、6月8日に外国人の入国制限を除く行動規制を解除した。今後もレベル1は維持するという。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスによる肺炎が中国から世界に拡大しています。関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン