/

千葉県、中小支援の対象拡大 NPOや医療法人も

千葉県は16日、新型コロナウイルスの影響で事業の継続が難しくなっているNPO法人や医療法人などに最大40万円の支援金を支給すると発表した。売り上げが落ち込んだ中小事業者に対する支援制度の対象を広げた。受け付け開始は22日以降になる見通しだ。

新たに対象となるのは事業収入など売上高に相当するものが前年比で50%以上減少しているNPO法人や医療法人、社会福祉法人、農協、漁協など。中小事業者向けの支援制度と同様、事業所の賃借物件数に応じて20万~40万円を支給する。

このほか、1月以降に設立した中小事業者も支給対象に追加。設立時から3月までの売上高を月数で割って算出した1カ月当たりの売上高と比べ、4月以降の任意の1カ月の売上高が50%以上減った場合に適用する。

県の試算によると、追加対象は3000事業者に上る。従来の支援制度では中小の6万~7万事業者が対象になるとみて、計170億円の予算を確保した。対象事業者の追加により、予算が不足する場合は追加補正予算案を編成することも検討する。

従来の支援制度で対象外だった事業者からも支援を求める声があがったため、対象を広げた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン