「遠隔授業の可能性追求」千葉大学の小沢副学長
コロナ危機 地方揺らぐ インタビュー編

2020/6/16 17:19
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの影響で、教育現場は前例のない学習環境づくりを迫られている。政府の緊急事態宣言の解除後も多くの学生が集まるのを避けるため、当面はオンライン授業を続ける大学も多い。経済的な打撃を受けた学生への支援も重要だ。千葉大学の小沢弘明副学長(教育改革担当)に取り組みを聞いた。

――オンライン授業の現状や利点は。

「3月の段階で7月までの授業を全てオンラインで実施することを決めた。4月にサー…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]