/

道南企業20%「コロナで5割超減収」、財務省調べ

財務省函館財務事務所(北海道函館市)が新型コロナウイルス感染拡大の影響について北海道南部の企業44社にヒアリングしたところ、計65%がコロナ禍で売上高が「減った」と答え、20%は減収率が5割を超えた。宿泊業が特に深刻な影響を受けており、機械器具製造業も「商談ができず受注にかなり大きく影響」という回答があった。

観光や物産展への依存度が高い北海道南部の経済は、新型コロナにより大きな打撃を受けている(函館山からの眺望)

ヒアリングは4~5月に実施した。同事務所が発表した1~3月期の景気総括判断は「経済活動が抑制され、厳しい状況」とし、2019年10~12月期の「持ち直しつつある」から引き下げた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン