JR貨物、KDDIなどとブレーキ検知システム開発

2020/6/16 17:08
保存
共有
印刷
その他

JR貨物やKDDIなどは16日、コンテナ車を駅に留め置く際にかける「手ブレーキ」の状態をセンサーで検知するシステムを開発したと発表した。JR貨物は数億円を投じて全ての貨車に導入する。これまでは職員が貨車ごとに目視で確認をしていたが、駅などのモニターで把握できるようになる。ブレーキの解除漏れを無くし、事故の発生を未然に防ぐ。

JR貨物は貨物駅に到着したコンテナ車を留め置く際、強風などで勝手に動き出…

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]