JR貨物、KDDIなどとブレーキ検知システム開発

2020/6/16 17:08
保存
共有
印刷
その他

JR貨物やKDDIなどは16日、コンテナ車を駅に留め置く際にかける「手ブレーキ」の状態をセンサーで検知するシステムを開発したと発表した。JR貨物は数億円を投じて全ての貨車に導入する。これまでは職員が貨車ごとに目視で確認をしていたが、駅などのモニターで把握できるようになる。ブレーキの解除漏れを無くし、事故の発生を未然に防ぐ。

各コンテナ車にブレーキ検知システムを導入する

JR貨物は貨物駅に到着したコンテナ車を留め置く際、強風などで勝手に動き出さないように手動でブレーキをかける。機関車と連結して発車する前に駅職員が目視で解除を確認するが、まれに見落としが発生。そのまま発車するとブレーキが焼けてしまい、事故の要因となっていた。

こうした事態を防ぐため、手ブレーキの状態を検知するセンサーと通信機器などを内蔵した装置を各コンテナ車に取り付ける。KDDIが提供する省電力で広域な通信が可能な技術「LPWA」を使用し、ブレーキの状態を自動的にサーバーに送信する。

送られた貨車ごとのデータは駅のモニターや乗務員自ら運転台から確認できる。ブレーキがかかった貨車を連結したまま列車が出発しようとすると、画面に警告を表示して知らせる。

センサーは20年度下期から約1年かけてJR貨物が所有する約7200のコンテナ車全てに取り付ける。19年の秋ごろから実証実験をしており、寒さが厳しい中でも正常に動作したことなどを受けて本格的な導入に至った。真貝康一社長は記者会見で「各社と引き続き連携し、安全確保の取り組みを進めたい」と話した。

JR貨物は他社と連携し、あらゆるモノがネットにつながる「IoT」など最新技術を使って生産性の向上を図る。昨年には車両データを蓄積・解析する状態監視を始めた。今後はビッグデータを活用した故障予測の導入も検討する。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]