/

段ボール製ベッドを避難所に 新潟県聖籠町

新潟県聖籠町は、避難所などに仕切り付き段ボール製ベッドの配備を進める。6月に「災害時における物資供給に関する協定」を藤屋段ボール(新潟県聖籠町)と締結。地震や台風などの被災時に、優先的に納品できるよう用意する。2019年秋から話し合いを始めていたが、新型コロナウイルスの感染拡大を受け計画を早めた。

聖籠町は食品や飲料などで同様の協定を20ほどの民間企業と結んできたが、ベッドや仕切りに関する協定は初めて。聖籠町の生活環境課の担当者は「避難所でも一定程度の数量をあらかじめ用意したい」と話す。

ベッドのサイズは幅1メートル、長さ2メートルで、仕切りの高さは1メートルほど。テープ不要で組み立てでき、土台である段ボール箱は収納スペースになる。製造する藤屋段ボールから商品化もしており、価格は仕切りを含め5000円(税抜き、送料別)。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません