日経商品指数17種

(1970年平均=100)
7月9日 136.679 +0.155

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

消費は大丈夫か [映像あり]

日本経済新聞 鈴木亮編集委員

2020年7月8日

小泉環境相、「チャレンジゼロ」の経団連と意見交換 [映像あり]

NY金約9年ぶり高値 感染拡大を懸念

2020年7月8日

[PR]

商品ニュース

コーヒー豆、8カ月ぶり安値 NY先物 供給過剰見通しで

2020/6/16 17:03
保存
共有
印刷
その他

コーヒー豆の国際価格が一段と下落した。指標となるアラビカ種のニューヨーク先物(期近)の15日終値は1ポンド94セント。昨年12月中旬の直近高値と比べて31%安く、8カ月ぶりの安値をつけた。

米農務省は12日に2020~21年度のコーヒー豆の世界生産量が消費量を上回るとの予想を発表した。期末在庫も6年ぶりの高水準になる見通しで、供給過剰になるとの見方から売りが優勢となった。

最大生産国であるブラジルでは、20~21年度は生産量が増える「表年」にあたり、6790万袋(1袋は60キログラム)と過去最高の生産が予想されている。マーケットエッジ(東京・中央)の小菅努代表は「当面は安値で推移するのではないか」と指摘している。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム