新東名、静岡県内の一部で6車線化

2020/6/16 18:46
保存
共有
印刷
その他

中日本高速道路(NEXCO中日本)は16日、新東名高速道路の御殿場―浜松いなさジャンクション間(約145キロメートル)で進めている6車線(片側3車線)工事で、7月16日に一部区間が完成すると発表した。他の区間についても2020年度中に完成する予定だ。

完成するのは上り線の新静岡―藤枝岡部IC間(約19キロメートル)と、下り線の長泉沼津IC―藤枝岡部IC間(約72キロメートル)。これによりお盆の交通混雑期を中心に発生していた長泉沼津IC―新清水ジャンクション間の渋滞が解消するほか、東名高速道路の通行止めや改修工事期間中の迂回機能が強化される見通しだ。

川勝平太知事は「物流の効率化や走行車両の安全性の向上に加え、(将来の)自動運転にもつながる」と県内全線の6車線化に期待を示した。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]