同友会、政策提言へ新会議 民間の意見幅広く集約

2020/6/16 17:15
保存
共有
印刷
その他

経済同友会は日本の課題を議論するための新組織「ウィズ・アフターコロナ・イニシアティブ」を立ち上げると発表した。桜田謙悟代表幹事が16日の記者会見で明らかにしたもので、財政健全化や地方分権など中長期的なテーマを取り上げる。外部有識者も交えた討論の場も設ける。今夏に具体的な運営方針を決める。

桜田氏は会見で「現在の政府の政策決定プロセスは多様な意見を反映しきれていない」と指摘し、民間サイドでも政策を討論する場が必要と訴えた。企業トップに加え、政治家、官僚、労働者代表、NPO関係者らに意見を求め、政策提言につなげていくという。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]