外食底入れの兆し 5月既存店売上高、減少率全社で縮小
新型コロナ・中部の衝撃

2020/6/16 17:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

中部の外食企業の既存店売上高に底入れの兆しが出てきた。中部の主要10社を調べたところ、前年同月と比べた減少率が5月、全社で縮小に転じた。「焼肉きんぐ」を運営する物語コーポレーションの5月の減少率は29%と4月(50%)から21ポイントも縮小した。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、各社は4月、過去最大級の落ち込み幅を記録していた。

各社の発表資料をもとにまとめた。4月の既存店売上高の減少率はリー…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]