自民参院幹事長、「73歳定年制」維持に理解

2020/6/16 17:30
保存
共有
印刷
その他

自民党の世耕弘成参院幹事長は16日の記者会見で、衆院選の比例代表候補に適用している「73歳定年制」の維持に理解を示した。小選挙区候補は定年制を設けていない点に触れ「高齢の議員の存在はいろんな意味で重要だ。選挙区で戦ってこられればいい」と語った。

衛藤征士郎氏らベテラン議員が73歳定年制の廃止を要請し、二階俊博幹事長は理解を示していた。一方、党青年局は定年制の維持を求め、岸田文雄政調会長も定年制は「意味はある」と述べた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]